まったく知らない国で、しかも外国語で学習すると考えただけで、圧倒されるように思えるかもしれません。 ジラユ・プロペンはタイから来ているモナシュ大学医学部の学生です。 彼は学生が活用できるサポートを活用して、母国から外国の大都市への生活の変化を乗り越えました。

‘私はバンコクまでバスで8時間かかるような タイ北東部の地方の出身です。 メルボルン留学はとても大変なことだったかもしれませんが、とても強力なサポートを受けられたのでメルボルンをすぐに母国のように感じることができました。’

文化体験や主要イベントの魅力

ジラユは、タイ政府から世界中どこにでも留学できる奨学金を取得しました。 彼は世界でも高水準の教育とキャンパス外のユニークな体験の両方が揃ったメルボルンを選びました。

‘私にとって、留学生のサポート体制がしっかりしていることと、母国とは異なる文化を体験できることは本当に重要でした。 メルボルンは多文化が融合しているため、魅力のある大規模なイベントがたくさんあり、充実した文化体験を得ることができます。 オーストラリア・オープン、オーストラリア・グランプリ、有名な競馬があり、もちろんコンサートも常時開催されています。’

到着直後から留学生サポート

‘留学生サービスは充実しており、到着した直後からサポートが得られます。 空港での出迎え、ホームステイのネットワークのほか、多くのソーシャルアクティビティが催されるため、初対面の留学生仲間とすぐに友達になれます。 私は、留学生に配慮した学習体制を本当に気に入っています。 この学習体制により、留学生は参加し、他の生徒と交流しやすくなります。’

医学部への移行に役立った英語コース

ジラユは、医学の勉強を開始する前に英語コースを受講しました。 このコースにより英語に自信を持つことができ、学士号課程への移行が容易になりました。 彼は現在、学士号課程を順調に進めており、2021年に卒業した後、さらに数年間メルボルンを楽しむ予定です。

メルボルン留学を検討中の学生に、ジラユからの最大のアドバイスです

‘最初の一歩を踏み出す勇気を。 ここでは強力なサポートが得られます。メルボルンでの留学体験は一生の宝ものになります。 利用できるリソースをすべて活用し、大学が提供する自由参加のソーシャルイベントに出かければ、世界中から来ている新しい友人がすぐに見つかり、一体感を感じるようになります。’