このページ

  • ビクトリア州の教育システム
  • 職業教育およびトレーニング(VET)
  • 日本での学習またはビクトリアへの留学

オーストラリアでは、教育は初等教育で始まり、中等教育、第三期教育まで続きます。第三期教育には、大学のコース課程から研究を中心とする大学院があります。オプションは、コースや教育機関によって異なります。

英語クラスは、ビクトリア州の教育の全レベルで行われます。内容については、留学先の学校、カレッジ、または大学にお問い合わせください。

学校

ビクトリア州の学校教育は初等教育から始まり、5歳から12歳までの児童が通学します。

初等教育修了後は、12歳から18歳まで中等教育を受けます。

授業時間は月曜日から金曜日の午前830分から午後330分までです。

学期

各学年には4学期あります。学期は、セメスターと呼ばれることもあります。

学年は1月または2月後半に始まり、12月に終了します。学期末に短期間の休日、12月と1月には長期の夏期休暇があります。

男女共学

ビクトリア州立学校はほとんど男女共学です。男子校、女子校も一部にあります。

学校での英語学習

ビクトリア州の学校の生徒のほぼ25%が英語以外の言語を話す家庭で育っています。多くの学校には、第2言語(ESL)として英語を集中的に学習するプログラムがあります。ESL を学べる学校では多くの場合、多文化教育アシスタントを導入して生徒を支援しています。

学校のバイリンガルプログラム

バイリンガル・プログラム、または中国標準語、ベトナム語、インドネシア語、ドイツ語といった他の言語のプログラムを学べる学校もあります。

中等教育の資格

ビクトリア州教育証書

ビクトリア州教育証書(VCE)は、政府公認の中等教育卒業を示す証明書です。VCEを取得していると、オーストラリアおよび海外の大学への入学に考慮されます。

生徒は中等教育を受けながらVCEの取得を目指します。

国際バカロレア(IB)

多くのビクトリア州の学校は、世界で認められている中等学校資格である国際バカロレア(IB)も提供しています。

ビクトリア・アプライド・ラーニング証明書

ビクトリア・アプライド・ラーニング証明書(VCAL)は、より実践的で仕事に関連した学習オプションを優先する学生向けのオプションです。学生は、職業教育およびトレーニング(VET)を目指し、さまざまな学習分野の継続教育やトレーニングに向けて単位を取得することができます。

大学留学

学年度

学年度は通常、2月に始まり12月まで続きます。毎年、日付が少し異なるため、留学する機関のウェブサイトをチェックして最新情報を入手してください。

TAFE、大学、カレッジのウェブサイトは通常、入学、オリエンテーション・プログラム、学期休暇、試験、試験結果の発表日といった重要な日付を記したカレンダーを発行しています。

確定期間

確定期間は、入学を変更する最終日です。例えば、選択科目の変更、コースの取り消しなどで、学費の支払いはこの確定期間が期限となります。「確定」期間については、留学先の教育機関にお問い合わせください。

確定期間は通常、学年度の前に始まります。

学士号

学部生は学士号を目指して学習します。学士号は、ビクトリア州の大学課程修了資格で、さらに高度な教育を受ける基礎となります。

「学位」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは通常学士号を意味しています。

学士号の取得には、3年間か4年間フルタイムで学習する必要がある場合がほとんどですが、パートタイムで学習することも可能です。ただし、パートタイムで学習する場合は、学位を取得するまで時間が多くかかります。

優等学位を目指す学生もいます、その学位の取得には通常、学士課程に加えてさらに1年の学習が必要です。学士号の最後、または学士号に向けて学習する中でこの1年分の学習を行える場合があります。

修士号

修士号は、大学院課程で取得する資格です。コースに応じて、コース課程または研究を履修することで修士号を取得できます。

「修士」という言葉を聞いたことがあると思いますが、それは修士号を意味します。

修士課程へのパスウェイ

修士課程入学には通常、学士号または優等学位が必要です。

修士号を取得するには、学士号または学位を修了した後で18ヶ月から2年間フルタイムの学習を修了する必要がある場合がほとんどです。それには通常、1年間以上のフルタイムの学習が必要です。これは、学士課程または優等学位の修了後になります。修士課程研究プログラムは、2/3以上が研究で、外部で審査される大量の論文を提出します。それには通常、1年間以上のフルタイムの学習が必要です。修士課程研究の後、多くの学生は博士課程プログラムに進みます。

博士課程プログラムと博士号

オーストラリアの博士課程プログラムでは通常、3年間から4年間のフルタイム学習が必要です。博士号取得候補者に対しては、新しい知識または既存の知識の独創的かつ大規模な適応、応用または解釈の形態で、知識に貢献することが期待されます。

博士号には専門性の高い博士号と研究が主体の博士号の2種類があります。通常、博士号と呼ばれるのは、研究主体の博士号です。

博士号の取得にはすべて、論文、論述、解釈または類似のものを完成させる必要があります。通常、国際的に権威のある2人ないし3人の専門研究者(その内の2人は外部者でなければなりません)が審査します。

職業教育およびトレーニング(VET)

ビクトリア州には、職業訓練専門学校 TAFE)としても知られる公立の職業教育およびトレーニング(VET)を行う機関 13あります。TAFEでは、複数の産業で就労できることを目指すトレーニングを実施しています。

ビクトリアTAFE、民間認定トレーニング機関を通じて、英語の他に修了書、ディプロマ、応用ディプロマ、学士プログラムを含む様々な仕事に関連する資格を得ることができます。

コースは、特別な設備が整った教室で実地訓練、講義、クラスディスカッションを組み合わせた実用的で直接体験する学習ができます。

学士号へのパスウェイを提供しているTAFEも多くあります。TAFEで修了したコースは、学士号レベルの高等教育への申請をサポートします。

海外留学

留学生はビクトリア州独自の交換留学や海外留学の申込資格が得られる場合があります。

こうしたプログラムは、ビクトリア州の教育機関の交換留学パートナーである教育機関に在学する留学生も利用できます。

多彩な学科や期間からコースを選び、自分だけのプログラムを設計することができます。ボランティアプログラムを通して新しい文化を体験したり、国際ネットワークを構築したり、価値のあるスキルを習得することができます教育機関やオーストラリア連邦政府にお問い合わせください。

交換留学プログラムに参加するための渡航助成金が受けられる場合があります。

留学ツアー

中等教育および第三期教育の学生の留学ツアーは、教育プログラムと文化/観光アクティビティを組み合わせています。このツアーでは、異文化に浸る海外旅行を楽しみながらメルボルンでの生活と学習を実際に体験することができます。

将来の留学をサポートしてもらえるかもしれない人々や組織と知り合う機会もあります。ツアーは23週間の期間で実施されることが多く、通常は参加者が所属する学校、職業トレーニング機関、または大学を通じて手配されます。

オーストラリアへの留学ツアーにはビザが必要です。

申請方法については、最寄りのオーストラリア政府移民局までお問い合わせください。

日本での学習

ビクトリア州の大学、カレッジ、TAFEの中には、オーストラリア以外の教育機関とのパートナーシップを通じてコースを実施している教育機関もあります。

また、日本で学習できるオフショアのキャンパスがある教育機関もあります。

日本で学習した後、オーストラリアの教育機関での上位コースに進む資格が得られることもあります。つまり、こうしたパートナー機関で学習を修了すると、ビクトリアでの学習に考慮される場合があります。

ビクトリア州の大学、TAFE、またはカレッジに留学する予定がある場合、日本の教育機関のパートナーであるかどうかをお問い合わせください。

国外で学習する際には、 オンライン・チュートリアルやリソースを含む図書サービスなどの各種学生サービスを利用したり、キャリアやスキルのアドバイスを受けることができるほか、国外の卒業式にも出席します。

通信教育

多くのVETや高等教育機関は、通信教育や外部コース(「オフ・キャンパス」)を実施しています。従来からの通信教育プログラムに加え、最近ではオンラインコースも幅広く利用されています。

オフ・キャンパスのコースについての詳細は、各大学、TAFE、カレッジのウェブサイトをご確認ください。

重要

学生ビザでビクトリアに滞在している場合、オンラインコースの1/4以上を学習できないことがあります。

ビクトリアの大学キャンパスは、メルボルンとその周辺、およびビクトリア全域に位置しています。多くのビクトリアの大学は、重要なパートナーシップや世界中にある分校を通じた留学オプションも提供しています。

職業教育を通じた大学へのパスウェイ

多くのTAFEコースが、ビクトリアの複数の大学と協力して高等教育へのパスウェイを提供しています。

ビクトリアには、デュアル・セクター大学が4つあります。これらの大学には、VET コース、高等教育、VETから高等教育資格へのパスウェイがあります。

英語による学習指導

英語はオーストラリアの公式言語であり、学習指導は英語により行われます。

つまり、授業は英語で行われます。